地域別車買取店ランキング 一覧

スバル インプレッサの査定額アップ

 富士重工業で人気のインプレッサは1992年に発売開始されましたが、レガシィの下位モデルという位置付けで登場しました。スバルの世界戦略車としての役割もあります。
 現在は5代目で、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初めて採用された車両です。この車両は、ボディ構造を再構成し、高張力鋼板を適切な位置に配置したことにより衝突時のエネルギー吸収量を向上し、前モデルの1.4倍となっています。また、操舵応答性と操舵安定性も大幅に向上されています。
 さらに、「EyeSight」や、歩行者保護エアバッグも全車に標準装備しています。この歩行者保護エアバッグは、歩行者と衝突した際に、瞬時にフロントガラスとAピラー下端をエアバッグで覆うという技術で、歩行者の頭部を守る技術です。

買取に関してですが、他の車種でも同じですが、少しでも高い金額で売りたければ以下のステップを踏んだほうがよいでしょう。
[ステップ]
① まず初めに買取依頼をする車の年式、いままでの走行距離などを把握する。
② 次に、ご自身でインターネット上の中古車市場の販売額を把握する。
③ インターネット上にある複数の一括査定サイト経由で査定依頼を行う。
④ インターネット上の一括査定サイトで依頼した複数の買取業者から連絡がくる。
⑤ 実際に買取業者3社くらいまで査定を行ってもらう。この際、1回目の査定は、業者の希望価格(つまり市場より安い査定)を言ってきますが、承諾はNGです。
⑥ 2-3社、⑤と同様のアクションを行う。
⑦ 買取各社の見積もり金額をベースに、金額の妥協点をご自身で判断し、売却金額を決める。
⑧ 売却手続きをする。


スズキ アルトラパン の査定額アップ

スズキのハッチバック型軽自動車として販売されている車種はアルト ラパンですが、2001年の第35回東京モーターショーに出品され、軽セダンのアルトを基準に設計されています。
丸みのある外観デザインと、広い室内空間を確保した5ドアセダンは、若い女性層にマーケティングアプローチをするために開発された車種で、ゆとりや乗り心地の良さを考慮されています。また、淡い色を中心にボディカラーを設定しています。
これらの点が、20代から30代の若い女性の志向にマッチし、ユーザーの9割は女性だそうです。なお、初代のモデルは、OEMとしてマツダ向けにスピアーノとして供給されていました。
 なお、3代目は、社内の商品企画や技術企画のスタッフなどが、「女性ワーキンググループ」を立ち上げ、企画、マーケティング、開発の各フェーズで、参加しています。

 さて、スズキ アルトラパンを売却の際、近所の中古車買取店をいくつも回ってはいけません。今は、インターネットの普及により、市場動向に即した買手に買ってもらうことができるようになりました。地元のディーラーやメーカーの中古買取店に買取や下取りしてもらうより、こちらに見積もり依頼をしてもらった方が時間の浪費にもならず効率的です。車の製造年、走行距離にもよりますが、地元のディーラーやメーカーの中古買取店より数10万円くらい上乗せした金額で買取してもらうことも多いようです。
スズキ アルトラパンを売る際には、インターネット上の一括査定依頼を一度お試しください。


スズキ スイフト の査定額アップ

ハッチバック型コンパクトカーとしてスズキから販売されている「スイフト」は、当初は、国外仕様に使用されていましたが、日本市場には、2000年に登場した車両です。当初は、同じスズキのワゴンR+のプラットフォームを用いて、比較的安い小型車というテーマで販売されました。ジュニアWRCにも参戦しており、この車両をイメージとして開発された「スイフト スポーツ」も人気です。
最新のモデルは、4代目で2016年12月27日にフルモデルチェンジが発表された車種です。前後の灯火類はLED化されており、ボディカラーは9色がラインナップされています。そのほかにもディスプレイにカラードット液晶を用い、軽量化と高剛性のため、新プラットフォーム「HEARTECT」を採用している。さらに燃費性能も向上され、「平成32年度燃費基準+10%」などを達成しています。

スズキ スイフトだけではないですが、今お持ちの車種を希望価格で買取してもらうためには、お付き合いのあるディーラーや下取り業者に下取りをお願いしてはいけません。この場合、いくらがんばっても売却価格は最高値とはならないでしょう。
 必ず、複数社に相見積もりを取って、より高い見積もりを出した業者に売りましょう。
インターネット社会になった今は、この相見積もりを効果的に取れる方法があります。
それは、複数の「一括査定サイト」で査定依頼を行うことです。
 ここで複数の業者に査定依頼を行うことで、相見積もりをとり、より高い買取価格を提示した業者に買取をお願いすることが賢いやり方です。皆さんもぜひお試しください。


日産 マーチの査定額アップ

 日産自動車のハッチバック型のコンパクトカーとして人気なのはマーチですが、かつては、トヨタのスターレットとコンパクトカー市場の人気を分け合っておりました。ヨーロッパでは、「マイクラ」という名で販売されていますが、コンパクトな車両にも関わらず、大人4人が快適に乗れるところが人気の理由で、過去には、日欧でカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、消費者だけではなく、専門家にも評価されている車種です。フルモデルチェンジのスパンが比較的長いですが、トヨタのヴィッツとともに継続的に人気を保っている車種です。ヨーロッパ向けのマイクラは、2016年9月に「パリモーターショー2016」で、次の5代目のモデルが発表されました。日本向けのマーチは、2010年7月にフルモデルチェンジした車種で、日本だけではなく、タイ/中国/インド/台湾/メキシコ/ブラジルなどで生産されています。

さて、マーチを売る時に注意すべき点はどういうところかお判りでしょうか。日産車を乗られている方の場合、次の車も日産に乗りたいという方も多いと思います。そのような方の場合、日頃から付き合いのある地元の日産系のディーラーに下取りに出したり、買取依頼をしている方も多いと思います。
この場合、残念ながら最高値では売却することはほぼ不可能です。理由は簡単で、価格交渉で重要な相見積もりを取っていないからです。マーチは今でも人気があり、手ごろな金額で買取してもらえる可能性があるにも関わらず、最高値で売れないのは非常にもったいないです。
必ず、インターネット上にある複数の一括査定サイトで査定依頼をして、複数の業者で価格競争させ、より高い値で売却することが重要です。まずは、一度、一括査定サイトで査定依頼をしてみてください。


日産 フェアレディZの査定額アップ

 日産自動車のスポーツカーとして人気のフェアレディZは、通称「Z」と呼ばれ、海外では、「DATSUN」または「NISSAN」の社名で「NISSAN 370Z」として販売されています。
 フェアレディZの歴史は長く、1969年に先代モデルのダットサンフェアレディの後継車種として販売されました。開発や販売企画は、当時の米国日産の社長であった片山豊氏で、ヨーロッパ製の高級GT相当のスペックを持ちながら、低価格であったことや、アメリカ市場でのニーズに完全に適合していたため、北米市場では、大ヒットしました。当時の人気は相当なもので、10年に渡り世界総販売台数55万台が販売されました。これは、スポーツカーとしては空前の記録で、日産というブランドではなく、「DATSUN」というブランドが世界に名をはせる日産最高の車種です。
 1996年には、北米で300ZX(Z32型系)の販売が中止になりましたが、根強いファンからの強い要望によりビンテージZという車種が出来上がったほどです。

さて、日産 フェアレディZを売る場合どのようなステップを踏むべきでしょうか。
フェアレディZの場合、あまりあり得ないかもしれませんが、お付き合いのあるディーラーや車屋さんに下取りや廃車処理を頼んでしまったという方もいらっしゃるでしょう。このような方々は残念ながら、下取り時に損をしている可能性が大です。
 理由は簡単で、下取りの場合、ほぼほぼディーラーや車屋さんの一存で決まってしまいます。そのため、果たして正確な査定ができているかは不明です。21世紀も16年経過した今、賢い方はどうしているかというと、インターネット上の一括査定サイトというものを利用しています。ここで、買取業者に価格競争をしてもらうのが得策です。いくつかの業者に同時に査定依頼を行うことで、売値が数十万円異なることもあります。
 ぜひ、一度利用してみてください。


日産 エルグランドの査定額アップ

 日産自動車のワンボックス型の上級ミニバン エルグランドは、現在日本国内での販売に加え、香港/マカオ/シンガポール/米国にも輸出されています。もともとは、2005年の第39回東京モーターショーで発表された「アメニオ」がルーツです。
 現在の車両は、環境に関する技術が進んでおり、「平成22年度燃費基準+25%」などを達成していますが、プレサージュとの統合により低床化されたことにより、車内が今までに比べ広くなり、乗り心地が飛躍的に向上しています。ドアノブ上のボタンを触れると開閉できるワンタッチオートスライドドアは、お子さんを抱いたり、荷物をもって、ドアの開け閉めがしづらい時などに効果を発揮するため、小さいお子さんをお持ちの家族などに人気があります。

買取に関してですが、高い金額で売れると良いと思うので、できれば、次のステップで買取依頼をしましょう。

[ステップ]
① まず初めにご自身で、車の年式、いままでの走行距離などを把握する。
② 次に、インターネット上である程度の中古車市場の販売額を把握する。
③ インターネット上にある複数の一括査定サイト経由で査定依頼を行う。
④ 一括査定サイトで依頼した複数の買取業者から連絡がくる。
⑤ 実際に買取業者3社くらいに査定を行ってもらう。
⑥ 買取各社の見積もり金額をベースに、金額の妥協点をご自身で判断し、売却金額を決める。
⑦ 売却手続きをする。


マツダ デミオの査定額アップ

デミオは、コンパクトカーとして、マツダが1990年代から製造・発売している車種ですが、この車種は、マツダのバブル景気時の多チャネル化戦略により、1990年代の経営危機時の立て直す量販車種として投入された車種です。
 人気の理由は、コンパクトカーでありながら、荷室を広くしたシンプルな小型ワゴンであるためです。また、車高も機械式駐車場に入るくらいの高さを維持し、シートもフルフラット化が可能なようにしています。そのため、同クラスの車種では、収容力が高く、スペース面と、実用面でも高い人気があります。
 この車種が日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞、およびRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことにより、デミオはマツダのカンフル剤となり、マツダは、経営危機を脱しました。

さて「デミオ」の査定額をアップする方法ですが、あなたが、自車の買取の相場をご存知でなければ、安易に近所のディーラーや中古車販売店に買取り依頼をしてはいけません。
おそらく損をするでしょう。理由は簡単で、あなたと付き合いの長いディーラーであっても、先方もビジネスをしているのですから、買値、下取り価格をかなり抑えるでしょう。
 こんな時には、以下のプロセスに従ってください。


トヨタ パッソの査定額アップ

ハッチバック型小型乗用車として、トヨタ自動車がダイハツ工業と共同開発したパッソは、プチトマトをモチーフに女性らしいテレビコマーシャルや女性をターゲットにした特別仕様車を発売することにより、特に女性からの人気を得ました。パッソは、「プチトヨタ」として認知されています。現在のモデルは、3代目で、「カイテキ(快適)」「カワイイ」「カッコイイ」「ケーカイ(軽快)」等の意味合いを持ちつつ、「軽じゃないK」というキャッチフレーズを用いて新たな客層を得るようなマーケティング展開をしています。
なお、初代と2代目は、小回りが利く小型車として各地の警察でも導入されています。

買取に関してですが、少しでも高い金額で売りたければ以下のステップを踏んでください。
[ステップ]
① まず初めに買取依頼をする車の年式、いままでの走行距離などを把握する。
② 次に、ご自身でインターネット上で中古車市場の販売額を把握する。
③ インターネット上にある複数の一括査定サイト経由で査定依頼を行う。
④ インターネット上の一括査定サイトで依頼した複数の買取業者から連絡がくる。
⑤ 実際に買取業者3社くらいまで査定を行ってもらう。この際、1回目の査定は、業者の希望価格(つまり市場より安い査定)を言ってきますが、承諾はNGです。
⑥ 2-3社、⑤と同様のアクションを行う。
⑦ 買取各社の見積もり金額をベースに、金額の妥協点をご自身で判断し、売却金額を決める。
⑧ 売却手続きをする。


ホンダ N-BOXの査定額アップ

N-BOXは、トールワゴン型の軽自動車で、2011年の第42回東京モーターショーに本田技研工業から出展され、現在本田技研工業が生産、販売している車種です。新設計の「Nシリーズ共通プラットフォーム」により、車内空間を広く見せ、フィット同様、センタータンクレイアウトがホンダの軽自動車で初めて使用されています。それにより、クラスでもっとも低いフロアとなりました。
2015年度(2015年4月~2016年3月)には、ダイハツ・タントを抜き、2013年度以来2年ぶりに軽四輪車新車販売台数でNo.1を獲得しました。(172,614台)

 そのような中、ホンダ N-BOXを高い値段で査定してもらうためには、お付き合いのあるディーラーや下取り業者に下取りをお願いしてはいけません。この場合のがんばっても売却価格は最高値とはいえないでしょう。
 必ず、相見積もりを取って、より高く買取をしてくれる業者に売りましょう。インターネット社会になった今は、この相見積もりを効果的に取れる方法があります。それは、複数の「一括査定サイト」で査定依頼を行うことです。
 ここで複数の業者に査定依頼を行うことで、相見積もりをとり、ベストな買取価格を提示した業者に買取をお願いすることが賢いベストなやり方です。皆さんもぜひお試しください。


トヨタ カローラフィールダーの査定額アップ

トヨタ自動車で生産されているカローラ フィールダーは、ステーションワゴン型の乗用車です。そのカローラ(ワゴンタイプ)の歴史は長く、1982年5月にカローラツーリングワゴンとして販売されました。トヨタカローラ店が取り扱いを行っていますが、この「フィールダー」という意味は、「フィールドに出て遊ぶ人(クルマ)」という造語だそうです。
フィールダー自身は、カローラツーリングワゴンの後継モデルとして2000年より販売され、セダンに比べ、全長は20mm長く、全高も50mm高く設定されています。
 現在は、トヨタカローラ店の全国の販売力を活かしながら、カローラシリーズの主力として、個人向けだけではなく、法人向けにも販売され、カローラシリーズ内で高い販売比率である。最近は、プリウスαというプリウスのステーションワゴンモデルが人気ですが、今なお人気車種として販売されています。

 さて、カローラ フィールダーを売却の際、個々の中古車買取店を回ってはいけません。今は、インターネットの普及により、需要と供給の関係を考慮した、つまり市場動向に即した買手に買ってもらうことができるようになりました。地元のディーラーやメーカーの中古買取店に売却や下取りしてもらうより、こちらに見積もり依頼をしてもらった方が有効です。車の製造年、走行距離にもよりますが、地元のディーラーやメーカーの中古買取店より数10万円くらい上乗せした金額で買取してもらうことも多いようです。
カローラ フィールダーを売る際には、インターネット上の一括査定依頼を一度お試しください。


1 2 3 4 32